生理不順の治療


生理不順の治療何かの病気が原因で、無月経や月経不順になっている場合は、まずその治療をする事になりますが、基本的には、「薬物治療」を行うことになります。

生理不順の治療の概要

3か月以上月経が来ていないような場合、一般的な治療としては、ホルモン剤を1~2週間程度服用し、出血を来させるようにします。まずは、一度出血を来させることが大切だからです。薬で月経を起こすには、低用量ピルを使う事が増えてきました。ピルの中には、女性ホルモンが2種類含まれています。確実な避妊にもなり、また、摂取の方法も簡単です。

生理不順治療時服薬の留意点

無月経の原因にも色々ありますが、一時的なストレスや、環境の変化による無月経の場合、ホルモンバランスがまだ保たれている事が多いので、一度ホルモン剤等を利用して、出血を起こした後は、しばらく様子を見てもよいかもしれません。その際、基礎体温は付けておくようにしましょう。

一時的なストレスなどが原因ではなく、もともと月経不順だった人が月経が来なくなったというケースや、女性ホルモンが極端に減少している場合尚では、3か月程度は、薬の服用を続けて、月経のペースを取り戻すようにした方がよいでしょう。

無月経の中でも、極端なダイエットによって、無月経となってしまった「体重減少性」の場合は、体重がある程度にまで戻るまで、月経を起させない事もありkます。体重減少性無月経の治療の基本は、体重を基にもどすこと。体重の増加と共に、月経が回復してくることもあります。

生理不順の改善の為の生活見直し

また、薬などを使わず、体をあたためたり、血流をよくする漢方薬を用いたり、する事もあります。また、禁煙・ストレスをためない、体をあたためる、湯船にゆっくりつかる…など日々の生活を見直す事も大切です。

月経は、毎月やってくる面倒な少々憂鬱な期間ではありますが、一方とても大切な意味があります。月経は、子宮内膜がひと月に一度はがれて体の外に出てくる現象ですが、そのおかげで、子宮内の古くなった子宮内膜を掃除している事になります。そのまま古い状態を放置しておくと、子宮体癌のリスクが高まるとも言われています。

月経不順は、体の中の何らかの不調・異常を知らせるメッセージとして捉え、生活を見直したり、必要に応じて、治療をスタートするようにしましょう。