生理不順の原因


生理不順の原因無月経の場合、まず確認しておかなければならないのが、「妊娠していないかどうか…」という事です。全く性交渉をしていない…というケース以外で、月経が来ない場合は、妊娠検査薬等を使って、まずは、妊娠反応を調べてみましょう。

女性ホルモンの不足

月経不順の原因の一つに、女性ホルモンが不足している事があります。これは、卵巣機能の低下によるもので、通常、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類のホルモンの分泌によって規則的な月経サイクルが形成されるのですが、何らかの理由によって、これらの女性ホルモンが適切に分泌されないと、生理不順が起こってしまいます。

卵巣機能が低下する原因というのは、いろいろ考えられますが、ストレスや冷え、不規則な生活、睡眠不足等が挙げられます。また、卵巣のう腫等の病気が原因でなる場合もあります。


脳からの指示が不充分

一方、卵巣機能は正常なのに、脳に原因があり、脳が卵巣に適切な指示を出していない為に、女性ホルモンの分泌あ上手くいかず、不足してしまう事があります。強いストレスを感じたり、環境が変わったりすることで、卵巣に指示を出している「視床下部」や、「下垂体」にダメージを与えてしまい、結果的に生理不順になってしまう事もあります。引っ越しなどで、環境の変化が大きく変わったりした場合に、生理不順になるケースがよく見受けられるのも、こういった事が原因の一つであろうと考えられます。また、過度な体重減少によるストレスも脳に影響を与えてしまう事があります。ひどい場合は、無月経になってしまい、治療も難しくに長い時間がかかってしまうケースもあります。

それ以外にも、月経不順を彦起こす要因は色々おあります。原因を見極める為には、血液検査をしたり、超音波検査等を利用して子宮や卵巣そのものの異常を見極めていく事になります。


女性ホルモン以外のホルモン「プロラクチン」によるもの

プロラクチンというホルモンは、お乳を作るホルモンです。このホルモンの分泌量が多くなりすぎると、授乳をしている時と同じような状態になり、排卵が止まる事があります。また、胃腸薬や精神安定剤を飲んでいると、中には、プロラクチンの分泌量を過多にしてしまう者があり、月経不順を引き起こしてしまう事が報告されています。


生理不順の原因は、様々な内的・外的要因が関係してきます。原因の見極めも容易ではありませんが、血液検査をしたり、超音波検査で、子宮や卵巣に異常がないかを見極めたり、また最近、環境の変化が起こったりしていないか、体重の急激な減少が起きていないか、日々の生活の中で、ストレスをため込んでいないか等、問診も行いながら、生理不順の原因を探っていく事になります。