子宮筋腫の種類と原因


子宮筋腫の種類と原因子宮筋腫は、子宮内の壁にできる良性の腫瘍です。球形の硬いコブのような形をしています。大きさは色々ですが、10cmを超える事もあります。30代~50代に多くみられ、35歳以上の女性の約20%にみられると言われています。

子宮筋腫の原因は、はっきりとはまだわかっていませんが、女性ホルモンが関係していると言われています。そのため、閉経後には、女性ホルモンの分泌が少なくなるため、子宮筋腫の成長が止まり、小さくなっていきます。一口に子宮筋腫といっても、筋腫が出来る場所によって、幾つかの種類に分かれます。

  • 筋層内筋腫  子宮の壁をつくっている平滑筋という筋層にできるもの。もっとも多いタイプの子宮筋腫。
  • 漿膜下(しょうまくか)筋腫  子宮の壁の一番外側に出来るタイプ。外側に向かって成長をしていくので、子宮から突出してしまう事もある。
  • 粘膜下筋腫   子宮の内側に向かって筋腫ができるタイプ。栄養を送る為の血管が露出しているため、月経の時に大量出血をおこしやすい
  •  頸部筋腫  膣の側に出来るタイプ。

いずれも悪性の腫瘍に変化することは殆どありませんが、放置すると症状が深刻になったり、不妊の原因になる事があります。
治療の時期・手術の選択の有無など、は症状の進行具合、年齢、深刻度などによって変わってきます。主に、貧血・頻尿・便秘・月経痛・過多月経などが症状として現れます。気になる症状がある場合は、婦人科医を受診し適切な治療を始めましょう。

以下の関連記事もご一読くださいませ。

子宮筋腫についてのまとめ
子宮筋腫の症状
子宮筋腫の検査
子宮筋腫が不妊の原因となる?
子宮筋腫の治療法

子宮筋腫は珍しい病気ではありません