子宮筋腫の症状


子宮筋腫の症状子宮筋腫の症状は人によって大きく異なります。その理由は、筋腫の出来る場所、大きさ、数…等が変わってくるからです。中には、症状が殆どない…という人もいます。

子宮筋腫は、良性の腫瘍で、悪性に変異する事は殆どありませんので、あまり深刻に考える必要はありませんが、妊娠を希望している場合、子宮筋腫がある為にうまく妊娠に繋がらなくなっている事もあります。

子宮筋腫の症状は、筋腫の出来る場所によって変わってきます。一番、症状が強く出やすいのが、粘膜下筋腫だと言われています。一般的には、月経が長く続いたり、出血量が異常に多かったり、強い月経痛があったり、貧血症状があったり…といった症状がみられる事が多いようです。動悸や息切れを感じるケースもあるようです。

1.    筋層内筋腫:子宮の壁の筋層の中にできる筋腫。


筋腫が小さいうちは、ほとんど症状がでてきません。大きくなってくると、生理の時の出血が多くなってきます。また不妊の原因になる事もあります。

2.    漿膜下(しょうまくか)筋腫:子宮の壁の一番外側にでき、外にむかって大きくなる筋腫


他の筋腫によくみられるような、生理の時の多量出血や、貧血などの症状は出てきません。ただ、筋腫が大きくなってくると、周りを圧迫して、頻尿や、便秘の症状が出てきやすくなります。

3.    粘膜下筋腫:子宮の内側に向かってできる


筋腫の血管が露出した形になるので、生理の時などの大量の出血に繋がる事があります。また生理のたびに出血の量が多いので、貧血の症状がでることが多いと言われています。そのままにしておくと、受精卵の着床がむずかしくなって、不妊の原因となってしまいます。

4.    頸部筋腫:膣の側に出来る筋腫


大きくなってくると、生理の時に出血量が多くなり、その結果、強い貧血を起こしやすくなります。

以下の関連記事についてもご一読くださいませ

子宮筋腫についてのまとめ
子宮筋腫の検査
子宮筋腫の種類と原因
子宮筋腫が不妊の原因となる?
子宮筋腫の治療法

子宮筋腫は珍しい病気ではありません