傷は唾をつけておけば治るって迷信?


tsubaあなたは転んで擦りむいてしまった時、どうしていましたか?最近の学校の保健室に消毒液はなく、水で患部を洗い流すところが増えているようです。なかには「唾をつけておけば治る」といわれて、その通りにしたこともあるかもしれません。これは「イタイのイタイの、とんでいけ!」といったおまじない?と思ったりしますが、その真偽はどうなのでしょうか。
 
消化だけでない唾液の役割

そもそも、つば、唾液とはなんでしょう。唾液は口の中が傷つかないように潤す役割があります。食事中には唾液と食べ物が混ざって食塊になり、飲み込みやすくなります。そして、唾液に含まれる消化酵素は糖質の分解・吸収を助けます。
唾液に含まれる「リゾチーム」は抗菌作用のある酵素。汗や涙、鼻粘液、リンパ液等にも含まれ、細菌感染を防ぐ働きは生命の維持に欠かせません。また「ムチン」も唾液の成分で、菌を集めて菌塊を作り、口から排出する働きがあります。これには、自浄作用で口内を清潔に保ち、ph値を保ったり、中性にすることで虫歯を防ぐ緩衝作用のほか、味覚にも影響します。

 

唾液の成分

3つの大唾液腺、無数の小唾液腺から分泌される唾液の量は、1日1~1.5リットルになります。その成分の99.5%が水分で、他に複数の成分が含まれます。カルシウム・カリウム・無機リン・炭酸水素などの無機成分、そのほか、有機物質のアミラーゼ(酵素)・IgA(免疫物質)・リゾチーム・ラクトペルオキシターゼ(酵素、抗菌物質)・ムチン(たんぱく質)・ラクトフェリン(抗菌物質)があります。
「サラサラ唾液」と「ネバネバ唾液」、その違いは?
サラサラした唾液は「漿液性唾液(しょうえきせいだえき)」と呼ばれ、 ネバネバした唾液は「粘液性唾液」と言います。漿液性唾液は副交感神経の刺激で分泌されます。主に耳下腺から分泌されるため、和んだ雰囲気の中、よく噛んで食事をすれば、おいしく、消化吸収もよくなります。
一方、粘液性唾液は主に交感神経系に働き、主に小唾液腺や舌下腺から分泌されます。ストレスにさらされると、唾液量が減少しますが粘液性唾液は分泌するため、口の中はネバネバしたり、カラカラな状態になります。そのため、食事をおいしく感じられず、唾液量が少なく、消化しにくくなります。

唾液の効果:消毒液はむしろ逆効果?

以前は傷には消毒液を塗り、バイ菌が入らないようにするのが一般的でした。しかし、消毒液の殺菌効果が細菌に有効なだけでなく、傷を治すために必要な細胞も殺してしまい、傷の痛みも強くなります。希釈した消毒液を用いると、傷の治癒に必要な上皮細胞や繊維芽細胞を殺してしまい、殺菌したい細胞が生き残ってしまいます。
現在は消毒液を使う代わりに傷口は流水で洗い流して異物を除去、洗った後はラップや市販の専用絆創膏を貼ります。これは湿潤療法(モイストヒーリング)といい、痛みの軽減や早期の回復、さらに傷跡も残りにくくなる方法です。
保健室に消毒液を置かないことにした小学校がある一方、これまで使用して治癒してきたものをやめる必要はないと異議を唱える外科医もいます。そのため消毒廃止には至っていません。

唾液の効果:言い伝えは本当?

つばをつければ治る、という言い伝えには賛否両論あるようです。口の中には歯周病や虫歯を引きおこす雑菌が多いというのが反対意見の主な理由です。
一方、効果があるとする研究論文もアメリカの科学誌に掲載されました。松本歯科大学の研究グループによると、唾液に含まれるたんぱく質「ヒスタチン」とストレスにさらされる際に歯肉細胞を保護する「熱ショックたんぱく質」が結合すると、歯肉細胞が増殖し、傷をふさぐことがわかりました。
熱ショックたんぱく質は全身の細胞にあるため、口腔内の治療だけでなく再生医療分野に可能性があると期待がもたれます。
まだまだ「つばをつけておく」方法について明確にされていない現段階では、傷ができたらまず水道水で洗い流すのが一番いいようです。