子宮体がんって何?|不正出血の時は、医師に相談


子宮体がんの医師への相談は早めに生理でもないのに出血…。ちょっと心配だけど、日々の忙しさに紛れて放置をしている…というようなことはありませんか? このような場合、子宮体がんの恐れがあります。他のがんと同様早期発見、早期治療がとても重要です。今回は、子宮体がんについて説明をします。

子宮体がんとは?

妊娠時に赤ちゃんを成育させる場所を子宮体といいます。この子宮体に発症するがんが、子宮体がんです。子宮体がんは、エストロゲンという女性ホルモンの影響、または、がん関連遺伝子の異常により、発生すると言われています。

子宮体がんの症状

子宮体がんの自覚症状としては、不正出血があります。不正出血とは、生理時以外に性器から出血することです。出血の原因により、状態や量は異なります。閉経後、更年期での不正出血は、子宮体がんの疑いが強く、要注意です。

排尿痛、排尿困難、性交時痛等の症状がある場合も、子宮体がんの可能性があります。また、肥満、糖尿病、高血圧、乳がんで、ホルモン剤投与を受けている方の女性にも発症者が多いと言われていますので、当該の女性は注意が必要です。

子宮体がんの検査方法

検査方法としては、子宮内膜の細胞を検査します。また、超音波検査で子宮内膜の厚さを図る検査も行われています。

子宮体がんの治療方法

治療方法としては、進行状況によりますが、子宮、卵巣・卵管、リンパ節の摘出手術を行うのが通常です。病巣の完全摘出が難しい場合は、放射線治療や抗がん剤治療がおこなわれます。今後妊娠、出産をしたい女性に対しては、ホルモン剤治療も初期段階であれば可能ですので、そういう意味でも早期発見、早期治療が重要です。不正出血があったら放置する事無く、医師に相談をしましょう。